紙袋の色で目立とう!特色ベタ印刷のオリジナル紙袋製作事例

目立つオリジナル紙袋を作るならベタ印刷が目を引く!紙袋販売netのオーダーメイド紙袋

お店や会社のテーマカラー、コーポレートカラーのオリジナル紙袋を製作するなら、紙袋販売netにお任せください!

🟥 真っ赤な紙袋を作りたい!
🟨 目立つ黄色い紙袋を作りたい!
🟩 お店のカラーとお揃いの紙袋を作りたい!

など、○○色の紙袋の製作をご検討中なら、まずは紙袋販売netにご相談下さいませ!

紙袋販売netはショッパー、イベント・展示会用まで年間約3,000,000枚のバッグを製作。
専門アドバイザーが実績と経験を活かし、作りたい紙袋の製作をサポート!
企業やブランドの価値を上げる高品質&低価格なオリジナルバッグをお届けします。

好きな色の紙袋をオリジナルで作るには?

フルオーダーメイドオリジナルカラーの紙袋が製作可能です。

大半の紙袋は、白い用紙、または茶色い用紙に対して全面にベタ印刷で色を付けてカラーな紙袋を作っています。
元々色の付いた特殊紙で作る方法もございますが、とてもかなりすごく高額です。

用紙にベタ印刷で色を付けたほうが、好みの色に印刷でき、費用面や発色の良さの点からもおすすめです。

ベタ印刷とは?

色(インク)で塗りつぶして印刷することです!

CMYKなどの、4色をそれぞれ印刷して掛け合わせて色を表現するのではなく、インク1色だけでべったりと印刷することです。
たとえばCMYKでオレンジ色を印刷する場合は、M(マゼンタ)の版と、Y(黄色)の2枚の版を重ねて網点印刷することで、オレンジに見せています。

一方ベタ印刷は、オレンジ色のインクを1枚の版で刷ります。
網点で印刷する必要がなく紙全体にたっぷりインクが乗るので、色がしっかりと表現・印刷できます!

ベタ印刷したオリジナル紙袋の製作事例

コート紙+グロスPPラミネート加工+オレンジ色ベタ印刷した紙袋

オレンジ色でベタ印刷したオリジナル紙袋
オレンジ色でベタ印刷したオリジナル紙袋

お店や企業のカラーをハッキリと、パキッと強く印刷したい!といった
発色重視の場合におすすめなのが、コート紙グロスPP加工+ベタ印刷の組み合わせです。
艶のあるグロスPP加工が紙袋を一層鮮やかに魅せてくれます。

コート紙+マットPPラミネート加工+緑色ベタ印刷した紙袋

緑色でベタ印刷したオリジナル紙袋
緑色でベタ印刷したオリジナル紙袋

ちょっと落ち着いた印象を与えたい場合におすすめなのが、用紙表面にマットPP加工を施した組み合わせの紙袋です。
光の反射を抑えるため、目にした人にすっきりとして上品な印象を与えます。

晒クラフト紙+黒色ベタ印刷した紙袋

晒クラフト紙に黒色でベタ印刷したオリジナル紙袋
晒クラフト紙に黒色でベタ印刷したオリジナル紙袋

白い晒クラフト紙に黒色でベタ印刷した紙袋です。
クラフト紙は紙本来の質感や風合いが楽しめる用紙のため、黒色ベタ印刷もどこか優しい雰囲気に仕上がります。

未晒クラフト紙+黒色ベタ印刷した紙袋

未晒クラフト紙に黒色でベタ印刷したオリジナル紙袋
未晒クラフト紙に黒色でベタ印刷したオリジナル紙袋

ご覧の通りロゴは赤色ですが、袋全体は黒色でベタ印刷した紙袋です。
茶色い未晒クラフト紙に黒色で印刷すると、茶色い用紙の影響を受け、味わいのある色合いに仕上がります。

未晒クラフト紙+赤色ベタ印刷した紙袋

未晒クラフト紙に赤色でベタ印刷したオリジナル紙袋
未晒クラフト紙に赤色でベタ印刷したオリジナル紙袋

用紙の色合いを楽しめるのが、茶色い未晒クラフト紙へのベタ印刷です。
印刷色は用紙の影響を受けるのでやや沈みますが、この自然な風合いが好評です。

オリジナル紙袋、手提げ袋をフルオーダーで作るなら、
紙袋販売netにお任せください【豊富な製作実績】

オリジナル紙袋 オーダーメイド

最小ロット500枚~、自由なサイズ&デザインでオリジナル紙袋、手提げ袋が製作可能です。
フルオーダーメイドならではの特殊加工や、ハンドルなども豊富に選択できます。
お見積もり、仕様のご相談などお気軽にお問い合わせください。

紙袋販売netでは製作事例を多数掲載!

紙袋販売netではお客様から掲載許可をいただいた紙袋、手提げ袋などの製作事例を多数掲載しております。随時更新しておりますので、是非ご覧ください!


もっと製作事例を見る