CMYKとRGB(しーえむわいけー あーるじーびー)【用語集】

CMYKとRGBは色の表現方法です。

CMYKは、「色の三原色」と呼ばれるC(青緑/シアン)、M(赤紫/マゼンタ)、Y(黄/イエロー)に黒インクを追加した合計4色で印刷します。
C、M、Yを混ぜ合わせると黒くなっていきます(減法混色)。
カラー写真や印刷などに使用します。印刷データは必ずCMYKで入稿してください。

RGBは、「光の三原色」と呼ばれ、光の発光を利用して色を表現する形式です。
テレビやデジカメ、パソコンなどのモニター上では使用できますが、基本的に印刷用データとしては使えません。
R(赤)、G(緑)、B(青)が重なり合った部分は白となります(加法混色)。
そのためRGBで作成後、CMYKに変換すると色が沈んでしまいます。

CMYKとRGBの違い

フルカラー印刷のオリジナル紙袋製作は紙袋販売netにお任せ下さい!

オリジナル紙袋・手提げ袋を作るなら「紙袋販売net」にお任せ!
ブライダルバッグやショッパー、イベント・展示会用まで年間約3,000,000枚のバッグを製作。
専門アドバイザーが実績と経験を活かし、作りたいをサポート!
ブランドの価値を上げる高品質&低価格なオリジナルバッグをお届けします。

RGBデータで印刷できる商品が新登場

RGB印刷できる、小ロットフルカラー紙袋

RGB印刷できる、小ロット壁掛けカレンダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紙袋販売netでは製作事例を多数掲載!

紙袋販売netではお客様から掲載許可をいただいた紙袋、手提げ袋などの製作事例を多数掲載しております。随時更新しておりますので、是非ご覧ください!


もっと製作事例を見る